×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






歌舞伎舞踊【戻橋】

(渡辺綱が戻り橋で鬼女の片腕を切り取った譚が題材)
綱は頼光の恋の使いの帰途、一条戻り橋で娘に出会う。が、
水に映る陰で鬼と知る。それを承知で舞を所望。
立ちまわりの末、鬼は右腕を奪われて天空へ飛び去る。
『歌舞伎事典』 服部 幸雄(他)編 平凡社

鬼女の名前は扇追娘折小百合
明治23年の河竹黙阿弥の「戻橋変角文字」を元にしている。
素浄瑠璃であったが五世菊五郎の希望で舞踊になった。
新古演劇十種の一つ
『総合日本戯曲事典』 河竹繁俊編 平凡社


戻る