×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



まり



皆さん、茨木童子という鬼の名前は聞いたことありますか?
その名前は聞いたことがなくても以下のような昔話は聞いたことがあると思います。

ある時、渡辺綱が夕暮れ時に一条戻り橋を通りかかりますと、美女に呼び止められました。
不信に思いながらも親切な綱は女を一緒に馬に乗せ、橋を渡りだします。
すると、女は鬼の姿に変わり「わが行く先は愛宕ぞ」と言い綱を小脇に抱え、空に飛び上がりました。
しかし綱は慌てず、名刀「髭切」を抜くと、鬼が自分を抱えている腕を一刀のもとに切り落としました。
綱はその鬼の腕を源頼光に見せますと、頼光は陰陽師安倍晴明に相談します。
すると晴明は「鬼はきっと腕を取り返しに来るでしょう。今より7日間、家に閉じこもって物忌みしていて下さい。その間絶対に誰も中に入れてはいけません」と言いました。
綱はその指示に従って自宅に引きこもり、七日間じっとしていました。
そして7日目。綱の家を養母が尋ねてきました。
綱は急な来訪に驚き、事情を話しましたが、結局は肉親の情に流されて養母を中に入れてしまいました。
しかし養母と思ったものは、家の中に入るとたちまち先日の鬼の姿に変わりました。
そして、床の間に置いてあった腕をつかむと、破風を破って逃げ出して行きました。
「我は茨木童子なり。確かに腕は返してもらった」
そういう声が空の向こうから響いてきました。

こんなお話です。
場所が羅城門だったりパターンは違っても、ストーリーの展開は「斬られた腕を取り返しにくる鬼」
謡曲や歌舞伎等でも意外に有名人な茨木童子。


皆さんのご意見、批判、などお待ちしています。
どんな些細な事でもいいので…。

拙いですがお付き合いください。


戻る